旧車會のイベントの魅力に迫ります!

主要な旧車會のイベント

主要な旧車會のイベント 旧車會とは旧車、いわゆる現在は販売されていない年式の古いバイクの展示やレースをするイベントのことです。
全国津々浦々でさまざまな旧車會のイベントが開催されており、オーナーたちが自らの愛車をお披露目する特別な晴れ舞台です。

主な旧車會として、旧極、NM5、Q-1、旧栃があります。
旧栃以外の旧車會はサーキットを主とするものでしたが、旧栃も2020年からはサーキットがメインとなりました。

展示会は言わずもがな、愛車のクオリティやデザイン性に重きを置いているのは明白だと思いますが、サーキットであったとしても、単純にマシンのスピードを競うだけでなく、デザイン性やマフラー音、個性を前面にアピールするのが特徴です。
マシンの速度を追求するならば、新しい最新型のほうが良いに決まっているかもしれません。
しかし、旧車だからこそ出せる独自性や独特の味を感じられるのが、非常に魅力的です。
各々のこだわりを直に感じながら、最高の一日を過ごすことができます。

旧車會のイベントで駐車場でのルールはあるのか

旧車會のイベントで駐車場でのルールはあるのか 旧車會は古いオートバイを派手に改造し、集団で走行することを楽しむ団体を指します。
暴走族と混在しがちですが、旧車會は交通ルールを守って走行している点が異なります。
ただし、中には交通ルール違反するケースも散見されます。
旧車會の団体の中には、そのようなことが起こらないようルールを厳格化しているところも多いです。
イベントが開催されることもあり、その時は数多くのオートバイが集います。
集合場所や休憩場所として、駐車場が利用されることが多いです。
ここでも他人に迷惑をかけないようにしている団体は多いです。
しかし、そこに明確なルールがあるかというと、そこまで明確化している団体は少ないと言えます。
そこは参加者のモラルに任されている部分が多分にあります。また、オートバイ好きの方の中には、じっくりとそのオートバイを見てみたい方がいるかもしれません。
そんな時にも気さくに対応してくれる団体もありますので、声をかけてみるのも良いでしょう。